特許翻訳者の適性とは?文系でもなれるの?

スポンサーリンク

フリーランス特許翻訳者のアツトです。

私は現在、特許翻訳の仕事をしていますが、この業界に入る前は新卒で採用されたシステムエンジニアとして働いていました。

正直、あまり向いてなかったです(笑)

エンジニアと聞くと、理系職バリバリのイメージがあり、私もそのようなイメージを持って入社しました。

しかし、実際は理系として能力よりも、社内での調整や根回しといった業務が多く、入社2年程度で転職を考え、特許翻訳に興味を持つようになりました。

だからこそ、「特許翻訳ってどんな人が向いているんだろう?転職した後に、自分に向いていないと分かってしまったら嫌だなぁ」と転職活動中はずっと考えていました。

その後、特許翻訳会社に入社して、この仕事は自分に向いていると分かり一安心したのですが、自分と一緒に入社した同期や後輩の中には入社後すぐに辞めた人も多く、特許翻訳という仕事においても、間違いなく適性や向き不向きは存在すると思います。

そこで、実際に私がこれまでお会いしたことがある中で、デキる特許翻訳者の共通点についてまとめてみました!

以下で触れているのは、「英語が得意」、「技術の知識がある」などの能力的なことではなく、性格的、先天的な能力に関することです。

また、特許翻訳というと、文系には厳しいと思われがちですが、その点についても最後に触れたいと思います。

1. 特許翻訳者の適性

1.1 黙々とした作業が好きであること

これは特許翻訳者に限らず、翻訳者全般に対して言えることかもしれません。

翻訳者という仕事はそのイメージ通り(?)、大半の時間、黙々と翻訳しているので、他人とのコミュニケーションを中心とした仕事をしたいと考えている方には向いていないと思います。

あまりにも当たり前すぎることを書いているようですが、実際に私の後輩がこのような理由で退職したので、一応書いておきました(笑)

もちろん、コミュニケーションが全く不要であるというわけではなく、社内特許翻訳者であったら、訳語の適切性について上司やチェッカーから質問を受けたり、翻訳の方針を上司に確認したりとコミュニケーションの場面は多少あります。

1.2 勉強好きであること

特許翻訳の仕事では、非常に多岐にわたる技術分野の特許明細書を翻訳することが求められます。

そして、その度にその技術分野の基本的な内容や、その分野で使用される英語について勉強、調査することが求められます。

そのような調査を怠る人の翻訳文というのは、やはり手抜き感というのがあって、すぐに分かる(=評価が落ちる)ことが多いです。

例えば、「アイドリングストップ」という用語。

手抜きをする翻訳者は「idling stop」と誤訳(和製英語なので)してしまいますが、調査を怠らない人は「idle reduction」と適切に訳すことができます。

話は変わりますが、特許翻訳者には驚くほど高学歴な人が多く、私が以前、在籍していた特許翻訳会社の社員のほとんどは、旧帝国大学又は早慶上智東京外語あたりの出身者でした。

これは高学歴な人でないと特許翻訳ができないということではありません。

そうではなく、高学歴な人は勉強好きな性格であり、そのような性格が特許翻訳者に向いているのだと私は思います。

特許翻訳の勉強・独学に使える本・ウェブサイトまとめ(日英編)

2017.08.19

1.3 細かく几帳面であること

これはどちらかと言うと、男性に多いのですが、英語も好き、技術も好き、しかし大雑把な性格で翻訳文に訳漏れなどのミスが多いという人がいます。

特許翻訳者として、一番評価を下げる要因となるのは何か?

それは英語が汚いということでも、技術をよく理解していないということでもありません。

一番、評価を下げるのは訳漏れやスペルミスなどのケアレスミスです。

最悪、訳漏れさえしなければ、いざお客さんから苦情を受けた時も言い訳ができるのですが、訳漏れやスペルミスは言い訳のしようがありません(笑)

1.4 言語感覚に鋭いこと

言語感覚に鋭いというのは曖昧な表現ですので、さっそく具体例を挙げましょう。以下の文を見てください。

例:制御部は、Aと、Bと、Cから求めたDとに基づいて、Eを計算する。

この文は2通りの解釈が可能です。

解釈1:AとBとCからDを計算する。そして、Dに基づいてEを計算する。

解釈2:CからDを計算する。そして、AとBとDに基づいてEを計算する。

実際の翻訳では、このような多義的解釈の可能性、すなわち言葉の罠を事前に見抜き、明細書の内容や技術知識に基づいてどちらの解釈が正しいのか判断しなければなりません。

技術の知識があればあるほど、そのような言葉の罠にはまった誤訳をするリスクが減ります。

しかし、文系出身のように技術の知識が薄い場合には、たとえ技術の内容がよく分からなくても言葉の罠を事前に見抜き、前後の文脈などから正しい判断を下す必要があります。

このようなことを言うと、年季の入ったベテラン特許翻訳者から、

言葉の罠とか、そんなのは枝葉末節の話だ!発明の本質を理解しているかが重要なのだ!

という批判を受けるかもしれません(笑)

発明の本質を理解するのはもちろん重要だと思います。

しかし、です。

では、なぜ発明の本質を理解することが翻訳にとってそれほど重要なのでしょうか?

それは、「発明の本質を理解していないと、言葉の罠にはまってしまい、誤訳をしてしまうから」です。

「発明の本質を理解する」ということは、「言葉の罠による誤訳を避けることができる」という翻訳上のメリットをもたらすからこそ、重要なものなのです。

極論を言うと、内容が分かっていなくても、言葉の罠にはまらず、かつ用語さえキッチリ調べれば、及第点レベルの翻訳ができてしまうという側面が、間違いなく特許翻訳にはあります(本当に極論です笑)。

ですから、元から言葉の罠を見抜くセンスの高い方、つまり言語感覚に鋭い方は特許翻訳者に非常に向いていると思います。

2. 文系でも特許翻訳者になれるのか?

私が以前在籍していた特許翻訳会社では、社内翻訳者と外注翻訳者とを含めて50人程度の人数がいました。

そのうちの半数は文系出身の方です。

たとえ文系出身であったとしても、1.1~1.4の性質を全て持っていた方は、会社や顧客の特許事務所から高く評価されていました。

文系出身の方ですと、「技術の知識がなくても大丈夫なのか?」と思われるかもしれません。

しかし、理系出身者だって、自分にとって全くなじみの無い技術分野に関する翻訳を依頼されることの方が多いのです。

文系理系関係なく、特許翻訳者であれば皆、難しい技術に頭を悩ませながら翻訳をしています

明細書の隅から隅まで内容を理解できることの方が少なく、多かれ少なかれ、特許翻訳者は皆、騙し騙し乗り切っている側面があると言えるでしょう(逆に、多岐にわたる最新技術が1日や2日で全て理解できるなら、特許翻訳者ではなくノーベル物理学賞でも目指すべきです)。

そのような時に重要なのは、1.2の項目で、「途中で技術理解を投げ出さず、可能な限り勉強する、調査する。」ということです(それでも100%はありません。スポーツニュースの翻訳のように、内容が100%理解できないと気持ちが悪いという完璧主義者は、絶対的に特許翻訳者には向いていないと思います)。

自分が理解できない技術に直面しても投げ出さず、粘り強く調査することができるか?

文理の区別ではなく、そんな人間性が試されていると思います。


以上、特許翻訳者にとっての適性、向いている人について述べてきました。

「黙々とした作業が好き」とか、「勉強好き」とか、「几帳面」とか、インドア感が半端ない要素を並べてしまいましたが(笑)、これが数十人以上の特許翻訳者を見てきた僕の実感です。

特許翻訳業界に入ってから、「やはり向いてなかった」とならないように、少しでも参考にして下されば幸いです!

スポンサーリンク