【経験談】特許翻訳者と特許技術者(弁理士)はどちらが需要があるのか?

フリーランス特許翻訳者のアツトです。

特許翻訳業界への転職を考えている方の中には、

特許翻訳者と特許技術者(弁理士)のどちらを目指すべきか?

と悩まれている方もいらっしゃるかもしれませんね。

私は、現在はフリーランスとして仕事をしておりますが、その前は「大学卒業⇒ITエンジニア⇒特許翻訳会社」という経歴を歩んでおり、ITエンジニア時代には、「特許技術者から弁理士の道を歩むのも良いかも?」と少し悩んだこともありました。

そこで、今回は「特許翻訳者と特許技術者(弁理士)はどちらが需要があるのか?そして、なぜ私は結局、特許翻訳者になることを選んだのか?」という点について、私の経験を元にして(←これ重要!統計的な根拠は全くないことをご承知おきください笑)書いてみたいと思います。



1. 特許翻訳者と特許技術者(弁理士)はどちらが需要があるのか?

結論。

特許技術者(弁理士)の方が、間違いなく需要あります。

以上です。

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

さすがに、これだけだとブログ記事にならない!(笑)

ということで、もう少し詳しくお話します。

私は、これまで特許事務所に3所、特許翻訳者として応募し、内定を頂けたことがあります。

(2所はITエンジニア時代、1所は社内特許翻訳者時代。ただ、3所とも辞退という形になり入所はしていません。)

そこで、とても印象的だったのは、

3所とも、特許翻訳者としての面接に行ったはずなのに、逆に、特許技術者(弁理士)になることを勧められた

ということです。

特許翻訳者でも良いんだけど、それよりも明細書を書けるようになって、特許技術者から弁理士を目指してみない?

と言われたということですね。

「いやいやいやいやいや、特許翻訳者としての面接に行ったのにそれは反則でしょ?笑」と毎回思っていたのですが、

「まずは特許翻訳者として働き、仕事が十分にできるようになってから、考えたいと思います」

とお茶を濁していました。

特許翻訳者も、もちろん募集はしているけれども、特許技術者を採用できるのであれば、そちらの方が嬉しいという雰囲気をどこの事務所からも感じましたね。

パテントサロンの求人スクエアを見ても、特許技術者(弁理士)の求人の方が特許翻訳者の求人の少なくとも3倍はあります。

やはり、特許技術者(弁理士)の方が特許翻訳者よりも需要が高いと思って間違いないでしょう。

ただ、それでも私は特許技術者(弁理士)ではなく、特許翻訳者の道を選び、今のところその選択は正解であると思っています。

その理由を、私が思う特許技術者(弁理士)と特許翻訳者のメリット比較という観点からご説明しましょう。

2. 私が思う特許技術者(弁理士)のメリット

特許技術者(弁理士)のメリットというか、正確には、明細書を書けることのメリットと言った方が正確なのですが、AIによる失業リスクが低いことが、現在においては最大のメリットと言えると思います。

最近、本当にAI、AIうるさい世の中になってきましたが、明細書を翻訳するよりも、明細書を作成することの方がAIにとってハードルが高いのは、議論の余地がありません。

もし、この記事を読んでいるあなたが、特許業界への転職を考えていて、特許翻訳者と特許技術者のどちらもが選択肢にあり、かつ安定志向なのであれば、特許技術者を目指すべきでしょう。

話は変わりますが、たまに、AIによる失業を恐れる特許翻訳者の方が、弁理士資格の取得を目指すという話を聞くことがありますが、

弁理士資格を取っても、明細書が書けないのであれば、本質的なリスク回避にはなってなくない?

と思いますね(^^;)

明細書を書けない弁理士の方は、商標や特許調査(?)の仕事をしているイメージがありますが、それって、特許翻訳と比較した時に、本当にリスク回避になってるの?と思います。

もし、本当に特許翻訳がAIによって駆逐されるのであれば、商標や特許調査関係の仕事も同時に駆逐されていて、残っているのは明細書作成の仕事だけなんじゃない?と思いますね・・・

3. 私が思う特許翻訳者のメリット

特許翻訳者の方が、特許技術者(弁理士)よりも時間とお金の融通が利くということがメリットだと思います。

例えば、翻訳の場合、大きく稼ぎたければ、どんどんスケジュールを前倒しにして翻訳を納品し、次の案件をもらうということが可能です(私も、引越し前に、まとまったお金が欲しかったので、1ヶ月間だけ土日祝日返上で翻訳をして、引越し代を余分に稼いだことがありました笑)。

一方、明細書の作成の場合は、発明者面談というステップが入ってくるため、個人の都合で前倒しして稼ぐというのはかなり厳しいです(加えて、作成した明細書を企業の担当者に確認してもらうという「待ち」の時間も発生します)。

また、翻訳の場合、例えば、1週間の期限の案件をもらった時に、最初の3日間、集中して案件を終わらせて、残りの4日間はマッタリする(旅行に行ったり)ということが可能です(笑)

稼ぎたければ、早めに納品して、次の案件をもらえば良いだけですしね。

4. 最終的に私が特許翻訳者になることを決断した理由

3で挙げたメリットそのままの話なのですが、安定よりも自由が欲しかったということが大きいです。

不謹慎な話ですが、私は特許にも翻訳にも、めちゃくちゃ興味があるわけではありません。

もし、特許技術者(弁理士)になってしまったら、どこかの特許事務所の所員として、1日の大半の時間を特許関係のことに投入する羽目になってしまいます(業界関係なく、正社員であれば状況は同じだと思いますが・・・)。

一方、特許翻訳者の場合は、午前中だけで終わるように翻訳の受注量を減らせば、午後の時間は別の仕事やスキルアップに時間を使うことができます(私は、現在この方向に向かっています)。

私は、昔から1つのことに集中できないタイプで、1つの仕事を生涯やり続けるのは不可能だと考えていました。

そういう思いから、約5年前、特許翻訳業界に入ってきたのですが、今から振り返っても、この考えはまあまあ正しかったのではないかと思います(笑)

スポンサーリンク