絶対に挫折しない中国語文法の入門書おすすめ3冊~ホップ、ステップ、ジャンプ~

スポンサーリンク

翻訳家ブロガーのアツトです。

英文法の入門書は、一億人の英文法Forestなどの決定版がありますが、中国語文法の入門書と言っても、何を買えば良いか分からない方も多いのではないでしょうか?

私も、一年ほど前に中国語を趣味で勉強し始めて、今は「単語さえ調べれば、9割の中国語は読める」ようにはなりましたが、中国語を勉強し始めた当初は苦労しました。

語学学習で最も重要なことは、「挫折せずに続ける」ということだと思います。

中国語の文法学習においても、「いかにして負担感なく(=挫折することなく)、継続することができるか?」という点が非常に重要です。

以下では、中国語の文法書をホップステップジャンプと分類して、「絶対に挫折しない!続けられる中国語文法の学習」をテーマに入門書を紹介します。

以下の三冊の中国語文法の入門書を読めば、あなたも「単語さえ調べれば、9割の中国語は読める」というレベルに到達できます。実際、私がそうだったのです(^^)

1. ホップ:1日1分・ざっくり学べる中国語文法

2016年5月8日にKindle【総合ランキング1位】を獲得した「1日1分・ざっくり学べる中国語文法」。

私は中国語文法の本を買う際、書店で何十冊も立ち読みして本を見比べましたが、この本は2017年9月時点で日本一簡単で分かりやすい中国語文法の本であると断言できます。

Day1からDay55までテーマが決まっており、本のタイトルの1日1分というのは決しておおげさではなく、むしろ30秒くらいで読めてしまう分量です(笑)

とにかく、初学者が学習の負担を感じないように、そして挫折しないように徹底的に配慮された本です。

補語などの応用的な話題には触れられておりませんが、最初から欲張る必要は全くありません。

まずは、薄い本を一冊読み切るという成功体験を経験して、自信を身につけましょう!

(なお、この書籍はkindle unlimited対象ですので、体験期間を使えば無料で読むことができます!)

おすすめポイント・THE日本一簡単な中国語文法の本(笑)

・DAY1~DAY55に分かれた各項目は1分で読めるため、負担感なし

2. ステップ:はじめて学ぶ中国語文法

私は強く思います。 この「はじめて学ぶ中国語文法」は名著なのにも関わらず、あまり有名ではなく、マイナーなのが非常に残念であると。

この本の特徴は2点あります。

まず1点目に、アマゾンのレビュアーの方が、「授業にもぐりこんでいるようなライブ感!」と書かれているように、授業の講義をそのまま本にしたような話し言葉で書かれているのです。

固い文章を読むよりも、語りかけるような柔らかい文章を読む方が頭にスッと入ってきて、理解がはかどります(俺がバカなだけ?笑)。

文章中、著者の方が冗談を言うような場面もあって、クスっと・・・するほど面白いわけではありませんが、とにかく親しみやすいです!(笑)

2点目に、この書籍の真骨頂は付属CDにあります。

普通、語学参考書のCDは例文が流れるだけですが、なんとこの書籍のCDは日本語の解説+中国語の例文という構成になっているのです。

上で述べたアマゾンのレビュアーの方が、「参考書×大学の授業×NHKラジオ講座のいいとこどり」と書かれているのはまさにその通りで、この本のCDはまるでNHKラジオ講座のよう

「ライブ感のある文体」+「NHKラジオ講座」という2つの特徴によって、あなたの中国語学習が挫折する確率は、限りなく低くなることでしょう\(^o^)/

おすすめポイント・大学の講義を受けているかのようなライブ感のある文体

・NHKラジオ講座を聞いているかのような日本語解説つきCD

3. ジャンプ:つながる中国語文法

さあ、いよいよ最後のジャンプです!

上のホップとステップの2冊の書籍は、めっぽう分かりやすいのですが、網羅性に欠けるという欠点があります(具体的には、補語の説明が薄い)。

この「つながる中国語文法」は、補語も含めて、中国語文法の応用的話題も扱っています。

ですので、この書籍の内容を理解すれば、いよいよ「単語さえ調べれば、9割の中国語は読める」という段階に立つことができるのです。

応用的な話題を扱っている中国語文法の本は多数あるのですが、敢えてこの本を薦めるのには理由があります。

それは、この本の「マインドマップ」システムです。

「つながる中国語文法」の表紙の下半分を見て頂ければ分かるのですが、中国語文法のマインドマップが描かれています。

本文では、「今、説明している文法の項目がマインドマップのどこに該当するのか?」が何度も確認されるため、発展的な話題に入っても、複雑な中国語文法の森に迷い込んでしまうことがありません。

「ちょっと、この項目は難しいな」と感じてしまったら、マインドマップを見直して、その前の項目の内容を復習しましょう。

すると、難しい項目も徐々に克服できるようになるはずです!

おすすめポイント

マインドマップシステムによって、複雑な中国語文法の森に迷わない、挫折しない


以上、おすすめ中国語文法の入門書について述べてきました!

語学学習で最も重要なのは「挫折しない、とにかく続ける」ことだと思います。

上で紹介した本は、その点、どれも挫折しない工夫に溢れた本ばかりです。

是非、手に取ってみて下さい(^^)

スポンサーリンク