エンジニアから翻訳者に転職して良かったこと/悪かったこと

スポンサーリンク

フリーランス翻訳者のアツトです。

私は大学卒業後、新卒採用でIT企業(SIer)にシステムエンジニアとして雇用され、数年間、エンジニアとして仕事をしていました。

その後、特許翻訳会社に社内翻訳者・チェッカー(日英)として転職し、現在はフリーランスとして仕事をしています。

この選択を一言で振り返ると、「正解だった」と断言できるのですが、それでも全てが良いことであるわけもなく、システムエンジニアの時の方が良かったと思うこともあります

そこで、現在エンジニアとして仕事をしているけど、翻訳者への転職を考えている方(そんな方は相当少ないと思いますが笑)に対して、「エンジニアから翻訳者に転職して良かったこと/悪かったこと」について語りたいと思います。

システムエンジニアからの転職という内容ですが、システムエンジニアの仕事は一般企業の総合職に当てはまることも多いと思うので、エンジニア以外の方にも参考になるかとは思います。

1. エンジニアから翻訳者に転職して良かったこと

1.1 収入は出来高で決まる

「いきなり金の話かよ!」と言われるかもしれませんが、金銭面の条件はモチベーションの維持・向上に重要な要素です(笑)

SIer勤務のシステムエンジニアの場合、一般企業の総合職と同じく年功序列制の固定給である場合が多いと思いますが、翻訳者の収入は翻訳した量で決まる、つまり出来高制であるため、自分の収入に深い納得感があります。

どんな会社にも、仕事ができないのに年功序列制のおかげで高収入な高齢社員がいるものですが、翻訳業界ではそういう不公平がありません。若くても翻訳能力が高ければ高収入(1000万くらい)は狙えますし、逆にいくら経験年数が長くても翻訳能力が低ければあまり稼げません。

翻訳業界は、収入という点に関して言えば、極めてフェアな業界であると感じています。

1.2 自分のペースで仕事ができる

システムエンジニア時代には自分のデスクで仕事をしていても、必ず問い合わせの電話やメール、割り込みの仕事、障害の連絡などが入ってきて、腰を落ち着けて仕事を進めるということができませんでした(エンジニアに限らず、一般企業の総合職にはそのような側面があると思います)。

しかし、翻訳の仕事は社員、フリーランスを問わず、与えられた期限を満たすように翻訳を完成させる、又はチェックを完了させることが求められるだけで、仕事中に横やりが入ることがほとんどありません。(自分が翻訳した過去の案件について質問を受けることなどはたまにあります)

俺の仕事を邪魔するな!割り込んでくるな!」というコミュ障気質な人には、とてもありがたい環境です\(^_^)/笑

1.3 仕事内容がアカデミックである

システムエンジニアとして就職した当初は、エンジニアとしての仕事内容にアカデミックな側面を期待していました。なにせ、名前が「エンジニア」ですからね。

プログラミングはプログラマの仕事であって、システムエンジニアの仕事は設計やプロジェクト管理が中心であることは把握していたので、バリバリコードを書くということは、もちろん期待していませんでした。

しかし、それにしても僕にとって、システムエンジニアの仕事の現実は、あまりにも技術的、アカデミックな性質が薄く、どちらかというと営業職のような立ち回りや社内政治が重要なものでした。

それに対して、現在の特許翻訳の仕事は、英語のライティングを突き詰めることに加えて、特許文書(明細書と言います)の技術的内容を理解するという難解な(しかし、アカデミックな)性質があるので、元々アカデミックな勉強が好きな僕にとっては、存分に自分の力を発揮できる仕事です。

学生時代、勉強が好きだった。でも、会社の仕事は面倒な調整や対応が多くてつまらないなぁ」というコミュ障気質な人には、とてもありがたい環境です(2回目)\(^_^)/

2. システムエンジニアから翻訳者に転職して悪かったこと

2.1 チームで何かを達成するという充実感がない

通常、システムエンジニアは一つ(又は複数)のプロジェクトに所属していて、他のメンバーと協力しながら仕事を進めます。

ですから、プロジェクトの節目(システムリリースなど)には飲み会なども開催されて、互いの労をねぎらったり、過去の思い出話(プロジェクトでやらかした話など)に花を咲かせます。

中学高校の部活のように、複数人で協力して何かを達成することによる充実感は翻訳という仕事では得られません。私はそもそもがコミュ障気質なので、あまり重大な点ではないのですが、一人で翻訳ばかりしてると、ふとそのような過去を懐かしく思うこともあります。

2.2 仕事がマンネリ化する

システムエンジニアは、職種が多種多様(プロジェクトマネージャー、ITコンサルタント、ITアーキテクト、設計担当、基盤担当など)であり、以前在籍していたIT企業では頻繁にジョブローテーションの機会がありました。また、グローバルな案件もあるため、海外の拠点とメールや電話のやり取りをしたり、出張の機会もありました。

一方、翻訳者の仕事はひたすら翻訳をするか、他人の翻訳のチェックをするばかりです(逆にそれ以外の仕事を翻訳者がしたら変だとも言えますが笑)。

正直、飽きないわけがありません!(笑)

私が以前、在籍していた特許翻訳会社では、仕事が単調であるという理由で退職をする人も少なからずいたので、「ずっと翻訳ばかりして嫌にならないか?」という点は、転職前によく考えておいた方が良いでしょう。

翻訳ばかりして飽きるんだったら、フリーランスの場合、飽きないように仕事を受ける翻訳の量を減らせば良くない?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、フリーランスとして仕事をしていると、最低でも1日2000ワード以上の翻訳を求められる(半日以上かかる)ことが多いので、余程仕事の依頼元と良い関係を築かない限りは厳しいとも思います。翻訳会社からすれば、1日2000ワード以上翻訳してくれる翻訳者なんてたくさんいますからね。

翻訳ばかりしてると飽きるので、1日1000ワードでお願いします。」なんて言えるのであれば、僕もそう言いたいです(笑)


以上、「エンジニアから翻訳者に転職して良かったこと/悪かったこと」について述べました!

ネガティブなことも書きましたが、総じて翻訳者に転職して私は良かったと思っているので、現在翻訳者への転職を考えている方には、是非ポジティブな目線で翻訳者を見てもらえれば良いなと思います(^^)

スポンサーリンク