【書評】「翻訳というおしごと~翻訳者に「未来」はあるか?」

スポンサーリンク

フリーランス特許翻訳者アツトです。
amazonでの評価も高く(16件のレビューで平均評価4.5はすごい!)、翻訳業界について紹介している本は希少であるため、kindleでポチってみたこの本。

内容は、翻訳の三大分野である「実務翻訳」、「映像翻訳」、「出版翻訳」について概説し、各業界の翻訳者のインタビューを添えているものです。

私は、あまり他人や本に対する悪口を言いたくないのですが、それでも敢えて言いたい!

全ての分野をカバーしようとして八方美人になり、その結果、全体的に薄~~~(×100)~~~い内容になっています。

例えば、実務翻訳の【収入】の項には、「単価は、ジャンル、文書の種類、翻訳者の実績、納期の長短(緊急度)などによって異なる」とあり、具体的な金額については一切記載がありません。

単価が、ジャンルや翻訳者の実績によって異なるなんて、当然だと思いません?

このように、全体を通じてモヤっとした書き方になっているため、何か意味のある情報を得た気分になれません。

このような感想は私だけではなく、amazonで唯一、低評価(星2つ)を付けられた方もそのように感じていらっしゃるようです。

評価が高かったので購入しましたが、既に翻訳者として仕事をしている人(自分)には既知なことばかり。翻訳者を志す人も、こういうことを本で読まなければわからない人では、翻訳で身を立ててはいけない。著書の熱意と後進の方々への愛情は伝わりますので、こういう評価は心苦しいのですが、率直な感想です。(Amazonレビューより引用)

「いやいや、この本に不満を持つのは、アツトやこのレビューを書いた人が既に翻訳者だからであって、翻訳未経験の人にとっては参考になるんじゃない?」と思われる方もいるかもしれません。

しかし、翻訳未経験の人であっても、翻訳業界について2~3時間程度ネットサーフィンすれば、この本に書かれている程度の情報は手に入ると思います。

「翻訳業界について全体的に知識を得たいけど、ネットサーフィンは嫌い!」という方にのみ、お薦めできる本です。(そんな人、いるのかな?)

ただ、この本の中で2~3点、気になる内容はありましたので、ピックアップしてご紹介します。

映像翻訳の講座で学ぶうちに、 自分に欠けていたのは英語力ではなく、 なんと日本語力だった、と気づいたそうだ。「衝撃でした!翻訳に日本語力がこれほど重要だということに気づいていなかったんです」。(kindle版本書より引用)

補足すると、この翻訳者の方は帰国子女で、30歳の時に映像翻訳を学び始められたとのことです。

私も特許翻訳業界に入ってから、優秀な翻訳者になるためには日本語力がとても重要だと気づきました。

極端な話、英語力がなくても、日本語解釈がしっかりしていれば「内容は正しいけど、ぎこちない不自然な英語」で済みます。

しかし、英語力があって、日本語解釈がおかしいと「英語は自然だけど、支離滅裂な内容」になるからです。

「不自然な英語」よりも、「支離滅裂な内容」の方がはるかに罪が重いですし、お客さんから苦情がきます!(笑)

特許翻訳業界において、ネイティブ翻訳者が警戒される理由もこの点にあります。

映像翻訳、特許翻訳を問わず、翻訳に日本語力は必須ですね。

翻訳者同士が協力体制を築き、 情報を共有することで、生産効率を上げ、仕事の質を上げ、 仕事量を増やして、収入をアップすることが可能なのではないか。(kindle版本書より引用)

本書では、翻訳者間のネットワーク構築の重要性が度々語られていますが、同感です。

私にとっても、以前、特許翻訳会社に勤務していた時からの特許翻訳者達とのつながりは財産になっています。

翻訳そのものについての相談から、翻訳会社の単価の情報共有など、まさに本書に書かれている通り、「仕事の質を上げ」たり、「収入をアップする」上で有効です。

翻訳のセミナーや勉強会に参加して人脈を増やしたり、内向的な性格であれば、翻訳者ネットワーク「アメリア」への参加を検討するのもありかもしれません。

在籍8年のベテランに聞いた!翻訳者ネットワーク「アメリア」の評判

2017.08.28

一番最悪なのは、本来であれば、高単価の仕事をできる翻訳者が、情報を持たないばかりに低単価のポジションに甘んじてしまうことでしょう。

外部の情報が遮断された状態で仕事をするのではなく、翻訳者同士のつながりを持つことで、「自分が不当に搾取されていないか?」確認できる立場にいることが重要です。


全体として、批判的なことばかり書いてしまい恐縮ですが、1000円以上も払ってこの本を買うのは、たとえ翻訳業界未経験の方に対してもお薦めできないなぁというのが率直な感想です。

しかし、amazonのレビューでは高評価を与えている方もいらっしゃるので、お金に余裕がある方は試しに購入してはいかがでしょうか?(どんな薦め方や笑)

スポンサーリンク