日本人の英語の間違いが世界から笑われている!?「Funny English」シリーズが悔しいけど面白すぎる

スポンサーリンク

いつものようにkindleで面白そうな洋書を探していると、ある一冊の本が目に止まった。

“Funny Mistakes Japanese Make in English”(日本人のおかしな英語の誤用表現)だと・・・

名指しで日本人ディスられてるじゃん!(笑)

しかし、私の経験上、こういった「間違いから学ぶ系」の英語本にはハズれが少ない。

正しいことばかりが書いてある英文法の本を読んでいても、イマイチ理解が浅く、問題演習で間違えて初めて理解が深まるというのは、皆さんも中学高校時代に経験があるのではないでしょうか?

ということで、早速目次を開いてみると、日本人の英語の誤用表現がご丁寧に番号順で並べられている!

NUMBER ONE: “You had better go to Yoyogi Park.”
NUMBER TWO: “My boss is troublesome.”
NUMBER THREE: “Can you drink beer?”
NUMBER FOUR: “Teach me her name.”
NUMBER FIVE: “I’ll buy a carton of beer.”
NUMBER SIX: “Did you see the thunder last night?”
NUMBER SEVEN: “I got a full score.”
NUMBER EIGHT: “Did you go swimming while vacation?”
NUMBER NINE: “The coffee is service.”
NUMBER TEN: “I had dog.”
NUMBER ELEVEN: “I should be at work by 8 AM.”
NUMBER TWELVE: “I need a consent.”
NUMBER THIRTEEN: “My apartment has flooring.”
NUMBER FOURTEEN: “Do you like trump?”
NUMBER FIFTEEN: “He died for a disease.”
NUMBER SIXTEEN: “Ah, you mean, “karaoke?”
NUMBER SEVENTEEN: “How do you think?”
NUMBER EIGHTEEN: “I was stolen my shoes.”
NUMBER NINETEEN: “She’s the right woman”
NUMBER TWENTY: “I stayed up till midnight”
NUMBER TWENTY-ONE: “I recommend you to go to New York.”
NUMBER TWENTY-TWO: “I am so boring tonight.”
NUMBER TWENTY-THREE: “What’s her character like?”
NUMBER TWENTY-FOUR: “We almost went drinking.”
NUMBER TWENTY-FIVE: “I’m a safety driver.”
NUMBER TWENTY-SIX: “Where was the wedding party—at a hotel?”
NUMBER TWENTY-SEVEN: “I’m wearing short pants in this one.”
NUMBER TWENTY-EIGHT: “I think we should significantly upgrade our loyality program.”
NUMBER TWENTY-NINE: “Yes, I didn’t.”
NUMBER THIRTY: “I remember tripping Hokkaido”

~amazon目次より引用~

・・・

・・・

・・・

ヤバい、いくつか何が間違いなのか分からんぞ。一応、現役の翻訳者なのに

例えば、NUMBER TWOの“My boss is troublesome.”

「私の上司は厄介です」という意味で、完璧な英語じゃないのか?

他には、NUMBER SIXの“Did you see the thunder last night?”

「昨夜のカミナリ見た?」という意味で、これも完璧な英語でしょ?

この書籍はkindle unlimitedの読み放題対象なので、早速中身を確認することに(未登録者は30日間無料体験できます)。

まず、NUMBER TWOの“My boss is troublesome.”について。

ちょっと長いですが、説明をそのまま引用します。

Explanation: I have never heard an American say “My boss is troublesome.” Never. Koji’s mistake is the perfect example of a bad translation (from a Japanese-English dictionary). “Troublesome” is a rare, formal word that is outdated in spoken English. I have never used “troublesome in spoken English, and I have never used it to describe a person. “Troublesome” is not used in everyday English.

要するに、「troublesomeは、あまりにもフォーマルかつ古くさい表現で、アメリカ人は日常的に全く使わない。ましてや、人を表現するためになんて」ということですね。

troublesomeがそんなにレアな表現だなんて知らなかった・・・(ま、特許翻訳ではそんな表現使わないし

では、どのように表現するのが普通なのかと言うと、

My boss is such a pain (in the neck)!

My boss is annoying!

My boss is irritating!

My boss is pain in the ass!

My boss is asshole!

My boss is dick!

と表現するのが普通とのこと(最後の3つの表現はrude expressionsらしいので、8ptのフォントで自重しました笑)

では、次の“Did you see the thunder last night?”について。

先ほどのtroublesomeに関しては、「いやいや、表現が古いだけで間違いではないでしょ」という言い訳もできますが、このthunderについては全く言い訳ができませんでした!

これは正しくは、“Did you see the lightning last night?”としなければならないのです。

Explanation: “Thunder” is only sound. “Lightning” is only sight. Both are mostly used as nouns: “There was a lot of thunder, but I didn’t see much lightning.”

「Thunderは音だけ。Lightningは光景だけ。」ということですね。

Thunderが音だけだなんて知らなかった・・・

ポケモンに「サンダース」というモンスターがいますが、あれは「ライトニング」に改名するべき!

・・・という感じで、英検一級、TOEIC985だなんて威張ってても、ボコボコにされてしまいました(笑)

まだまだ、英語を極める道は遠そうです。

なお、このシリーズには後継もあって、こちらもkindle unlimited対象です。

英語本としては、久しぶりの大当たりでした\(^o^)/
皆さんも是非、読んでみてください!では、また!

kindle洋書おすすめ本まとめ【ノンフィクション/ビジネス】

2017.09.22

スポンサーリンク