【初心者向け】英会話の勉強は独学で!~おすすめ本、アプリ、youtube、海外ドラマ、洋楽を一挙紹介

翻訳家ブロガーのアツトです。

今や習い事ランキングの上位に必ずと言っていいほどランクインする「英会話」。ビジネスシーンではもちろん、旅行に行ったときや海外の方に道を聞かれたときなど、「英語が話せたらなあ・・・」と感じる機会はたくさんあります。

でも、ぶっちゃけ英会話の勉強って、中々続かなくないですか?笑

私は、翻訳の仕事をする前、ITエンジニアとして海外のプロジェクトに関わり、英会話のスキルもかなり求められていました。

で、仕事終わりに英会話の勉強をしていたのですが、仕事の疲れもあり、まあ続かない続かない(T_T)

かなり苦戦しながらの英会話の独学になりました(笑)

世の中では、「効率的な英会話の学習」だとか「効果的な英会話の学習」とか言われますが・・・

私は、効果よりも効率よりも、まずは続けられる英会話の学習こそが重要だと思います。

そこで本記事では、そんな風に苦戦しながら英会話の勉強をしていた私が、「続けられる英会話の独学」をテーマにして記事を書きました!

今までに試してきた本、アプリ、海外ドラマ、映画、youtube、洋楽の中から続けやすい教材や勉強をご紹介したいと思います。



1. 英会話本で学ぶ

まずは、英会話の書籍の中で一番お世話になったこの本「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」。

中学校レベルの簡単な英文をスピーディーに大量に作っていくトレーニングを繰り返します。

私は、どちらかと言うと、学生時代、英語が得意だったのですが、「学校の英語が得意でも、中学レベルの英語が話せない」というのは身に覚えのある方もいらっしゃるのではないでしょうか?(T_T)

1つの文型につき、1ページの構成であるため、各ページを徹底的に暗唱すると、その文型に関する英文はスラスラと口をついて出るようになり、めちゃくちゃ達成感があります。

アマゾン英会話カテゴリのでも1位をずっと取り続けており、その実績は折り紙付き。

英会話の本の最初の1冊としては、まずはこの本がイチオシです♪

2. 英会話アプリで学ぶ(←イチオシ!)

スタディサプリENGLISH

この記事では複数の勉強法を紹介しておりますが、私が一番おすすめなのは、ずばり英会話アプリの利用です!

英会話アプリをおすすめする理由①発音チェック機能やディクテーション機能など、英会話を上達させる機能が充実

②スマホ1つで取り組めるため、通勤電車や移動中なども気軽に学習可能

③英会話教材よりも安い(有名なスピードラーニングは全巻で数十万円もします・・・)

私は、これまで多くの英会話アプリを利用してきましたが、一番良かったのはスタディサプリ ENGLISHの日常英会話コースです。

スタディサプリENGLISH_ディクテーション1

上で紹介した瞬間英作文は短文のスピーキングをひたすら繰り返すスタイルであるため、どうしても飽きてしまいがちです(それでも、素晴らしい本なのは変わりありませんが・・・)。

一方、スタディサプリENGLISHは、オンラインの英会話講座を1680レッスン受け放題というサービスなのですが、レッスンで扱われるストーリーは、ファイナル・ファンタジーや逆転裁判などの人気ゲームを多数制作したジンテーゼ社が制作。

ですから、飽きることなく、グイグイとレッスン(1レッスン10分程度)を進めることができました!

英会話アプリおすすめ

上の画面の通り、スタディサプリENGLISHでは、レベル1からレベル7まであるのですが(1つのレベルにつき240レッスン!)、レベル6と7では、日常英会話の延長としてビジネス英会話まで学べます。

これ一つだけで実践的な日常英会話もビジネス英会話もOKという素晴らしいアプリです。

費用は月額980円かかりますが、1週間の無料体験期間を1ヶ月に延長するキャンペーンコード「TRY2016」(数字は2016で正しいです)が配布されているので、利用しないとめちゃくちゃ損だと思います(正直、無料体験の1ヶ月間、集中的に利用するだけでも効果ある笑)。

スタディサプリENGLISH_キャンペーンコード

キャンペーンコードはいつまで有効か分からないのでお早めに。

スタディサプリENGLISH 日常英会話コースは最強のアプリだった

2017.10.22

【英語アプリおすすめ】TOEIC985の俺がガチで紹介!英会話も

2018.03.10

3. youtubeで学ぶ

数年前から、バイリンガールのちかさんなど、英語系のyoutuberが登場していますが、最近は英会話の勉強になるyoutubeチャンネルがますます増えています。

本やアプリと違って、youtubeチャンネルはテレビ番組を見るような気軽さで勉強することができるので、独学でも挫折しにくく、続けやすいというメリットがあります。

以下の記事では、バイリンガールのちかさんを含め、具体的におすすめのyoutubeチャンネルを紹介しておりますので、是非参考にしてください(^^)

【2018保存版】英語の勉強におすすめのyoutubeチャンネルまとめ

2018.01.13

4. 海外ドラマ・映画で学ぶ

私は、本やアプリによる英会話の学習に加えて、海外ドラマや映画を用いた英会話の学習にも取り組んでいたため、その勉強法についても共有したいと思います。

まずは勉強の進め方です。視聴する作品を選んだら、1度目は字幕付きで普通にストーリーを追いながら視聴します(吹き替え版ではなく字幕版を見ましょう)。

登場人物の顔と名前、人物相関やストーリーの内容はここでしっかりと頭に入れてください。

さて2回目以降は、徐々に字幕を見ずに視聴できるようになるのが目標なのですが、ここで「まだ自信がないから・・・」と字幕ありにすると、結局字幕を目で追ってしまうことになります。

そこで、2回目以降はあえて「ながら視聴」をするのがおすすめです。

掃除や料理をしながら視聴するときは、ずっと画面を見ていないので、自然に音に意識が向けられるようになり、字幕なしで映画を見ているのと同じ効果が得られます。

「あれ、今なんて言った?」と思った時は画面に目を向ければ字幕が出ていますので、即答え合わせをすることもできるのです。

海外ドラマや映画で英会話を学習しようとする時のポイントは、完璧主義を目指さないこと!

6~7割を聞き取ることができればOKというユルいスタンスで学習した方が長続きしやすいです(むしろ、海外ドラマや映画で英会話を勉強している自分を褒めましょう、認めましょう笑)。

なお、以下の記事では、具体的に英会話の学習におすすめできる海外ドラマや映画を紹介しています。

【難易度別】海外ドラマで英語学習のススメ~リアルな英会話を学ぼう~

2018.01.17

【難易度別】映画で英語学習のススメ~洋画で生きた英会話を学ぼう~

2018.02.12

5. 洋楽で学ぶ

5番目の紹介ですが、取り掛かりとして一番始めやすいのが、洋楽を使っての練習です。
通勤途中に洋楽を聞くのも立派な英語学習

ただし曲数はある程度絞って、何度も同じ曲を聴くようにしましょう。最近はランダムに洋楽を流してくれるアプリなどもありますが、あくまで自分で選んだ曲を何度も聞くのがポイントです(同じフレーズを頭に染みこませた方が、いざという時に「使える英語」になるからです)。

「少し歌えるようになったかな?」と思ったら録音して聞いてみると自分の発音スキルがよく分かります。

日本人の苦手な”th”や”R”の発音がそれらしく聞こえているか、リエゾン(単語と単語をつなげて発音すること)ができているか、聞いた感じが本物そっくりになるまで、繰り返し真似して練習しましょう。

少し机に向かう時間が取れるようであれば、歌詞の書き取り(ディクテーション)をするのも効果的です。

※曲の選び方について

自分の好きな曲で楽しく行うのが一番ですが、やはり初めは、メロディーが分かりやすく、歌詞も比較的ゆっくり発音してくれる曲の方が上達は早いです。

上の動画はBackstreet BoysのI want it that wayを載せていますが、以下の記事では、他にもおすすめの洋楽を紹介しています。

【解説つき】英会話を勉強できるおすすめ洋楽~youtube編~

2017.10.21

6. 【番外編】社会人英会話サークルのすすめ

以上、英会話の独学におすすめの本、アプリ、youtubeチャンネル、映画、海外ドラマ、洋楽をご紹介しました!

どの勉強法もおすすめですが、やはり独学だけではなく、たまには実際に人と英会話をすることも重要です。

ただ、だからと言って、高額な英会話スクールは避けたいですよね。

そこでリーゾナブルに英会話を楽しめる場として、社会人英会話サークルに参加してみましょう!

特に、おすすめなのは東京英会話倶楽部です。

東京英会話倶楽部は、参加費用が1回500円で、登録不要の英会話サークルのため、時間があるときに気軽に参加することができます。

名前は「東京」となっておりますが、北海道から沖縄まで全国展開しており、初心者テーブルから中上級者テーブルまでレベル別のテーブルになっておりますので、英会話の初心者でも安心です。

また、単に英会話を楽しむだけでなく、恋人を探す場としても有効なので、独身者こそ英会話サークルにGO!!(笑)

以下の記事では、東京英会話倶楽部以外にも、様々な社会人英会話サークルを紹介しておりますので、参考にして頂ければ幸いです。

東京でおすすめの社会人英会話サークル(全て実際に参加!)

2017.12.07

スポンサーリンク